個人情報の保護について ご利用規約 サイトマップ
トップページ > ボーダー基金とは

ボーダー基金について

 

NPO法人ボーダー基金

日本では今、1,300万もの世帯でペットが飼われています。また、その人たちに「あなたにとってペットとは?」と聞くと7割近くが「家族」と答えるそうです。その一方で、毎年30万匹以上の犬や猫が、施設での殺処分で命を落としています。ちなみにイギリスやドイツでは、こういった殺処分はまったくないようです。
今の日本では、いろいろな事情もあって、簡単に解決はできないようです。また、そういう可哀想な動物たちを救う活動も、続けていくのがかなり難しいようです。だけど「命」はどれも貴重で、救われなくてもいい「命」など一つもありません。
そしてこの問題は、民間ボランティアでも、自治体でも、国であっても、一つの力だけでは解決はできません。これからは、いろいろな人が境(ボーダー)を超えて力を合わせてこの問題に取り組んでほしい。そういう願いを込めてこの団体をボーダー基金と名づけました。
このことで捨てられてしまったペットたちの未来が、少しでも明るくなれば、と思います。
だけど本当は、こんな活動そのものが必要なくなることが一番。
「可哀想な動物たちを助けましょう」ではなく、「ペットを飼うのは大変だけど飼った以上は途中放棄する事なく最後迄愛してください。」
これが、わたしたちがこの活動を通じて一番伝えたいことです。

NPO法人ボーダー基金